マーケティング

ニュースレターが中小企業に役立つ理由!売上や関係性の強化にも!

ニュースレターが中小企業に役立つ理由!売上や関係性の強化にも!
ニュースレターとは、顧客や、従業員、関心のある見込み客などに、定期的に発行するレポートのことです。

news letterの意味は、

「新聞紙型の小さな情報誌、一般的には、特定のグループが持っている興味についての情報を掲載している」

となります。

ダイレクトメールやチラシは、売り込みが目的ですが、ニュースレターは売り込みをしない情報誌と言えます。

例えば、住宅販売の会社であったら、モデルハウスの室内のレポート、知っていると得をする住宅修理ノウハウ、スタッフの自己紹介や日常を綴ったコラムなどが、書かれていまたりしますが実際に手にとって読んでいただいたことってありますか?

他にも、実際に家を建築した家族のレポートが掲載されているなど、商品を購入した時のイメージがわいてきます。

このような商品の宣伝が書いていないニュースレターは、暇つぶしに、なんとなく読んでしまいます。

不動産会社のニュースレターで、スタッフ紹介を読むと、真面目そうで家族を大切にしている人だから、担当になってもらいたと感じることがあります。

ニュースレターには、直接的ではなくても、思わぬ効果があるようです。

今回はそれらの魅力を秘めているニュースレターが中小企業に役立つ理由や、売上や関係性の強化についてご紹介します。

ニュースレターが中小企業に役立つ理由!

ニュースレターが中小企業に役立つ理由!売上や関係性の強化にも!1
ニュースレターは、商品や、サービスを直接的に紹介しているわけではないので、売上げにはつながらないと思うかもしれません。

しかし、ニュースレターを始めたら、数ヶ月後には、売上が前年比で3割アップした例があります。

この商店は、ニュースレターを始めたら、半年ほどで、お客さんの変化があり、売上が10%~30%と増加したそうです。

お客さんとの会話も増えて、お店の運営が楽しくなったとのこと。

ニュースレターには、売上増加と、ファンの獲得自社のブランディングに効果があることが分かります。

効果的なニュースレターは、

1経営者や、スタッフを登場させて親しみを持たせること

2商品やサービスに関する豆知識をのせる

3商品を利用した顧客を登場させることです

このようなニュースレターにより、既存客から、好感・信頼・尊敬を得ることができ、会社や商店への理解が深まるメリットがあります。

ニュースレターの発行にかかる費用は、記事作成、デザイン、印刷、封入・発送(郵送の場合)となります。

少ない費用で売上増加が期待できるため、中小企業に向いています。

近年は、ネット注文で商品やサービスを購入することも増えていますが、購入者は、顔の見える相手から購入することで、安心感や共感、信用を得たいと考えています。

その点で、大企業の味気ないサービスよりも、中小企業の人と人のつながりが見える、柔軟なサービスを顧客が望んでいることから、ニュースレターの役割は大きいと考えられます。

ニュースレターは売上や関係性の強化にも!

ニュースレターが中小企業に役立つ理由!売上や関係性の強化にも!2
ニュースレターによって売上があがる仕組みについて説明します。

まずは、ファンを作ることできます

次に、販促をルーティーン化できる

そして、顧客に忘れられない

といったメリットがあります。

いつも通っている美容院から、クリスマスカードが来たり、受診したことのある歯科医院から、年賀状がきたりしますよね。

他には、誕生日が近くなると、「誕生日おめでとうございます」といった手紙がとどく場合もあります。

些細なことですが、少し嬉しかったり、特別感を感じることができます。

その会社や、お店のことを忘れていても、思い出します。

 

ニュースレターにも、同じような効果があり、さらにニュースレターには記事が書かれているので、読んでもらうことにより、ハガキやカードよりも、より一層の効果があると言えます。

顧客がお店や会社を思いだし、親しみを持ち、リピーターになることで、売上が上がるということなのです。

ニュースレターを読むごとに、会社やお店の事を知って、親近感がうまれることにより、絆がうまれることにもつながります。

販促されていると感じさせないニュースレターを送ることで、売上増加と、リピーターを作ることができます。

このようにニュースレターには労力に見合う成果が出しやすいですし、なによりもお客さまとの間の関係性が強くなるというのは商売をする上では凄く強みになります!

ぜひ、ニュースレターに興味を持っていただけたらお手伝い出来ることもたくさんありますので、お声掛けください。

今回の記事も最後までよんでくださってありがとうございます^^