ライティング

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!
エクスプレッシブライティング」というものをご存じでしょうか。

簡単に説明すると自分の気持ちを紙に書き出す作業です。

その過程で気持ちが整理され前向きになり、ストレスにもうまく対処できるようになるとい文章の練習法の1つですが、マイナーな文章術なので知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回はストレスの話も少し織り交ぜながら、このエクスプレッシブライティングの魅力や効果をお伝えします。

さらにこの、エクスプレッシブライティングを行うときに気を付けたいことなどもご説明させていただくので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

エクスプレッシブライティングの前に2種類のストレスの種類とは?

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!1
ストレスには大きく分けて2種類あります。

まずは物理的ストレス

主に視覚

嗅覚

聴覚

味覚

触覚

 

五感で感じるストレスのことを指します。

例えば、暑い、寒い、乾燥、湿気など気候に対してのストレス

騒音、空気汚染(ホコリや花粉)、人混み、においがキツい、虫が多いなどの環境に対してのストレス

さらに怪我や睡眠不足、長時間運動などの体に負担がかかることで起こるストレス

上記のような気候や、環境、身体の負担などが物理的ストレスに当たります。

 

次に精神的ストレス

こちらは、感覚とは違い精神的に感じるストレスのことを指します。

将来への不安や過度な緊張、挫折や失敗、離婚や別居、他人から傷付けられる言葉をかけられるときなど、ネガティブなときに発生するストレスもあれば、引っ越しや転勤、入学、進学などの環境がガラッと変わるときなどにも人はストレスを感じるといわれています。

ストレス発散法は様々

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!2
やはりストレスを溜めないようにするためには、日ごろからストレスをこまめに発散する必要があります。

現在では、様々な発散法があり、その発散方法は十人十色と言われています。

テレビや映画を見たり、音楽を聴いたり本を読んだりする芸術的発散法

ランニングやジムなどの運動的発散法もあれば、人とおしゃべりしたりカラオケしたりという発声的発散法

ご飯をたくさん食べたり買い物をしたえいゲームをしたりする欲求解消的発散法など、例を挙げると多種多様な発散法が世の中にはあります。

発散法よりも効果的な「エクスプレッシブライティング」

ストレス発散法も、ストレスには有効ですが、最近になってこの「エクスプレッシブライティング」が一番有効なのではないかと研究が発表されました。

このエクスプレッシブライティングを行うと緊張や不安が消え、気持ちが前向きになり生活が豊かになるといわれています。

また、緊張で頭が真っ白になる人でも、これを続けて行うことで、どんな状況でも頭が真っ白になることはなく、緊張した場面で落ち着いて対応できるそうです。

さらに、目標を改めて紙に起こすことで、今一度、自分がやりたいことを俯瞰的に見ることができ、今自分が何をすべきなのかが明確になります。

その視点からなすべきことを自覚することで、行動力が上がるという研究結果も発表されています。

特に緊張しやすいタイプにとても有効な方法のようです。

緊張して失敗しやすい人や、頭が常にぐちゃぐちゃしていて整理できない人などにとても有効な方法ですので、ぜひ一度試してみてください。

実際に「エクスプレッシブライティング」をする上での注意点や留意点

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!3
まずこのエクスプレッシブライティングはとても簡単です。

紙とペンを用意して、自分の気持ちをそのまま書くだけというとてもシンプルな方法になります。

ただ、ペンはできれば一色のほうが良いかと思います。

3色ペンや複数のペンだと、「何色で書こうかな」という迷いが書く度に出てきてしまうので、1色で書いていくのがおすすめです。

上手く書こうとはせず、箇条書きで書いていけばよいと思います。

ただし、興奮状態の時ではなく、リラックスして副交感神経が優位な時に書いていくのが有効だと思います。

つまり、仕事の後や運動の後よりも、お風呂の後や就寝前の寝間着でリラックスした状況で試したほうが効果的です。

興奮している状態で自分の気持ちをゆっくり書いていくのはなかなか難し位と思いませんか?

なので、リラックスしてゆったり書くほうが自分の気持ちを正直に書けるのではないかと思います。

このエクスプレッシブライティングの効果が出るまでには、最低4日間は続けることが大事だといわれています。

1つの目安として4日以上は続けて見て、少しでも効果を実感できれば習慣にできるようにして行きたいですね。

エクスプレッシブ・ライティングとは?ストレスを発散させる文章術!まとめ

色々な研究機関で効果が高いといわれている「エクスプレッシブライティング」。

自分の気持ちを紙に書くという簡単な作業ですが、実際に行っている方は少ないのではないでしょうか。

僕も、最初の4日続けるのも面倒くさかったのですが、試してみることで得られるものはたしかに実感出来ています。

普段から自分の気持ちを紙に書き出すことで、自分のことも客観的に見れますし、次に自分がどんな行動をすればいいのかも自然と分かるようになります。

日中に感じたことはスマホのメモ帳機能で書いておいて、帰宅後に、紙に書き出すのでも効果はあるらしいので、簡単にできるこの「エクスプレッシブライティング」を是非、今日から試してみてください^^