ビジネス

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!
Googleのマイビジネスを考えて実装した人は凄いと思います!

非常によくできた、システムとしか言いようがありません。

スマホ全盛期のなかで、ガラケーを使っていた僕でも、このシステムがどれだけ優れているのかが分かるくらいです。

だれでも簡単に利用ができ、自社の魅力を広めたい経営者や、発信者側に有利な表現だけではなく、お客さまが店舗を利用した時の写真も表示されるのが大きな特徴です。

企業側は、宣伝をしてお客さまに足を運んでいただきたいので、良い面だけを取り上げてもらいたいのが本音です。

ですが、それでは誇大広告になってしまう可能性がありますよね?

それをなくさせるためのシステムとして、利用した方の写真もアップすることができるので、企業側にとって不利な情報もアップが可能になっているのです。

 

メリットもあれは、デメリットもあります。

その良い面、悪い面の理解の深さがシステムを利用する側にとっては必須の情報です。

企業側もお客さまの厳しい一声が会社を存続させるための大きなヒントになることもあります。

なのでデメリットさえ考え方しだいでは会社を成長させるために役立つ広告的機能と言ってもいいかもしれませんね。

Googleマイビジネスをうまく、企業側と客側が利用することで、両社がWIN WINの関係になれる可能性を秘めているので、この記事を最後まで読んでくださったら、ぜひ試してみてください!

Googleマイビジネスは会社を長く繁盛させたいなら使うべき!と言える理由

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!1
このGoogleマイビジネスを、お店または企業側は活用することで、お店の雰囲気や企業側のイメージの向上につながる事には、間違いはないでしょう。

ただ、Googleマイビジネスという機能を短期間で流用するのでは、メリットが少なすぎるので、長期的運用が必要不可欠という事になります。

つまり、お店または、企業側は常に、このシステムの運用を管理しておく必要性があるという事です。

HPを立ち上げた当初は、いい感じに、アップデートしていますが、だんだんと、HPの運用がおろそかになってしまい、結局は更新しないまま、数年が経過していくとGoogleマイビジネスを使う魅力は激減してしまいます。

それと同様に、Googleマイビジネスは常にお店や企業側が更新することで、お客さまに対しての、新情報や新たな取り組みなどのアピールができることができます。

ただ、これだと、企業・お店側の一方的なアピールとなりかねません。

口コミ投稿欄を設けているのは、発信側に対しての受け手の側の意見の発信ができるので、店側・企業側に気づきを与える事ができる素晴らしい機能と受け止めるとデメリットもメリットに転じると思います。

口コミの中には、悪意の口コミもあるでしょうが、基本的には、お客さま側の意見をある意味、真摯に受け止めるチャンスだからです。

お店・企業側が気付かすに、お客さまに対して無礼な行いをしている場合に、その口コミが書かれていた時には、改善するチャンスですし、そのように受け止めなくてはGoogleマイビジネスを使うことで会社の寿命が短くなるケースもあるでしょう。

この口コミに対して真剣な受け答えをすることと、改善策を新たに期間を設けて実施する旨を返信することで、お客さまへの配慮と企業努力が重なり、winwinの関係性に持っていけるのです。

お客さまの要望に応えながら、悪式事例を排除する機会をGoogleサイドが用意してくれていると思う方がシステムを利用する上で前向きじゃないですか?

Googleマイビジネスが経営者の強い味方になる?

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!2
うまく運用することで、集客率のアップを始め、改善点の指摘を受けて真摯に対応することで、企業努力が認められることもあります。

WINWINの関係性を築くには、良いチャンスの場と考えてもいいでしょう。

ですがGoogleマイビジネスのシステムには不満もある事はたしかです。

それは、検索された場合に、画像で一番いいものが確実に先頭に出るとは限らない点です。

これは誇大広告を避ける意図もあると解釈すべきで、Googleマイビジネスでは、ランダム形式でアップされた画像を先頭に持ってきているからです。

その中に、来店した方がアップした画像が検索サイトの一番先頭にくる場合もあるのです。

常にGoogleマイビジネスに画像をアップして更新し続けることが必須事項になります。

確かに、面倒な作業かもしれませんが、お客にとっては、とても重要な情報となることを念頭に入れておくべきでしょう。

 

グーグルマップで検索した瞬間に、目立つ情報が先頭にくるようになっているようですから、Googleマイビジネスをこまめに更新しない限り、ネット上の情報量が増えていかないいです。

手間を惜しんでいては、Googleマップでも目立つ存在にはなりえないので、まさに継続は力なりというシステムです。

企業努力をしないで、Googleマイビジネスだけに頼っていただけでは、集客率のアップや売り上げ増加は見込めないことになります。

Googleマイビジネスは、お店や企業にとっては、すぐに結果が出るシステムではないという事です。

ですが、それらの手間を惜しむ競合店舗は自然とGoogleマイビジネスで大きな効果を得る前に自然消滅したり、競合の手間は参入障壁になりますから手間ひまをかける価値は大きいです。

いかに、ネット上の情報と、お客さまからの情報をうまく利用するか。

それらの情報やデータから改善の努力を惜しまないお店や企業が勝利者となりえる機能がGoogleマイビジネスと考えてもらえればピッタリ来るでしょう。

データなどの情報戦をうまく活用できるお店や企業だけが、最終的にトップに君臨することができるのであって、企業努力もしないで、トップに君臨しようなんて考えているならば、それは甘い考え方です。

現在もこれからも情報社会は激化する一方です。

お客さまの声にどれだけ真摯に向き合えるのか?そのような行動をするために必要な情報が手に入るのがGoogleマイビジネスの一番の強みとも言えるかもしれませんね。

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!まとめ

Googleマイビジネスは店舗経営者の味方?使う際の注意点も!3Googleマイビジネスは絶対使うべきか?強い味方の理由などについて紹介してきました。

Googleマイビジネスの根本にあるものは、ほんとうに良いモノを広めることや、公平な場所の提供や、より良い会社への後押しです。

なので、そのシステムを利用する人の努力次第というものがあると考えられます。

その中には、企業側だけでなく、お客さまサイドも一緒に盛り上げていきませんか?という投げかけもされている気がするのです。

このGoogleマイビジネスを利用して、更なる飛躍を果たせるのは、企業努力を惜しまない会社が優先されることを念頭に置くと、きっと効果的な使い方ができると思います。