心構え

後悔は時間の無駄と分かっているけれど…。その思いを成長に変えるには?

後悔は時間の無駄と分かっているけれど…。その思いを成長に変えるには?
こんにちは!

サポートライターのじんです。

今回は後悔している時間について思うことをお伝えします。

時々、何かのはずみというか、
目の前の問題にぶつかった時や、
劣等感が襲いかかってきた時に後悔する気持ちって湧きませんか?

現状の辛い気持ちの原因を考えると、
過去を振り返って、あの時ああすれば良かった。

あんなことさえしていなければ今は違ったのに。

なんて、後悔するのは「」だから思うことなんです。

 

だって、その時の自分としては、
その選択肢や選んだ行動が本気で自分にとってベストだと思ったハズです。

後悔していることも、当時はベストの選択だった

後悔は時間の無駄と分かっているけれど…。その思いを成長に変えるには?1
あの時サボらなければ。

学生の頃もっと勉強しておけば良かった。

仕事の後も自分を磨けば良かった。

なんて思うところはあると思いますが、
当時サボったことで友人と遊べたり、
自分が夢中になれるようなゲームの世界に浸れたりと良かったこともあるはずです。

学生の頃に勉強していないなら、
その分バイトしたり部活に打ち込んだりと、
勉強に打ち込んだ人の体験できなかったことを経験していますよね?

仕事の後になぜ自分を磨かなかったのか?

そんな後悔は「」だからしているだけで、
当時の仕事の疲れを考えれば、
体を休めたり、次の仕事のために英気を養うことがベストだと判断したからです。

すくなくとも、
それらの後悔がすべて失敗だったのなら、
今からその失敗をしなければ良いと考えたら良いだけです。

もしかしたら、
その後悔している出来事が
あなたの強みに変わることもあります。

 

僕は学歴が無いことが後悔のきっかけで、
色々な資格試験を受けて、
少しでも自分の現状を良くしたい人
気持ちに寄り添うことができるようになりました。

資格取得を目指した時も
勉強時間が足りない時は受験料を支払ったのに
当日逃げたりもしました。

 

なにかの目標に本気で挑んだ場合は、
自分に賭ける期待の大きさから、
勝負の前に結果が出ない可能性に怯えて逃げる経験は
資格試験に挑んだからこその体験です。

 

そのような遠回りに費やした
時間があるから、今の僕は色々な人の
文章のサポートをやってみたいと気づけました。

 

せひ、あなたも遠回りをした経験があれば、
ぜひ気軽に声をかけてください。

自分では気づけないけれど、
後悔するほどの時間を費やした経験が
」に活かせることを一緒に見つける事ができるはずです。

今の自分は過去の自分よりも絶対に上だと思うこと

後悔は時間の無駄と分かっているけれど…。その思いを成長に変えるには?2
このブログを読んでくれている人の
全員が間違いなく過去の自分よりも上にいます。

例外を挙げるなら、
プロスポーツ選手などの肉体のピークが
モノを言う世界で戦っている人です。

ですが、この記事を見つけてくれたあなたは
きっと文章術やビジネスなどに興味を持っていると思います。

なので、年齢的な劣等感などを
持つ必要はまったく無いです!

むしろ、自分の人生経験が活きるのが、
文章を軸とした働き方だからです。

 

過去の自分を情けないと思う気持ちは、
成長した今だからわかる事実です。
その事実を見る目が備わったことも十分に強みです。

もしかしたら、
その後悔している事実だって
よくよく考えれば、その時の精一杯だったのかもしれません。

であるなら、

過去の自分に100点満点をあげても良い!

後悔は時間の無駄と分かっているけれど…。その思いを成長に変えるには?3
もしも、あなたが自分にも厳しいのなら
現状の苦しさの元凶とも思える過去の自分に対して100点を与えるなんて難しい提案かもしれません。

ですが、過去の自分に100点満点
上げることができれば今の自分を必ず成長させることができます!

 

なぜ、過去の自分に100点満点をあげなければいけないのか?

 

当然、そう考えると思います。

その理由として、
過去の自分に100点満点を与えないことが
今進めない理由になるからです。

今の自分がやりたいことや、
学びたいことを習得できないのは、
過去の自分のせいにきっとしてしまうのではないでしょうか?

過去の自分を責めて後悔する時間が
無駄なのは、現状のあなたを責めずに過去の自分を責めた方が楽だからです。

 

僕は資格の勉強をしていた時には
学生の頃に勉強をしなかったツケが回ったと思いこんでいました。

過去の自分がサボったせいで今の自分が苦労している。
       ⇓
  つまり、今の自分が悪くない!

この考えに至る人は多いはずです。

なぜなら、本能的に多くの人は自分を責めたくないからです。

もっと早く、勉強をしていれば…。
なんて考えるのは無駄で、
過去の自分はその時に最善を尽くしたと認める努力をしてみてください。

ほとんどの人の言い訳は、
現状の自分を守るために過去の自分を盾にします

 

過去に原因を作ったところで、
現状がよくなることは無いんです。

過去の自分に実力が無かったわけじゃないです。

その当時はそれが全力だったと
過去の自分を認めてあげてください。

滅多にいませんからね。
過去の自分を認めて褒めることのできる人は。

過去にサボってしまっていたなら、
それが過去の自分にとって精一杯だった。

 

この事実を受け止めるだけでも、
今のあなたは絶対に頑張れるので、
言い訳の原因を過去の自分のせいにしない!

たったそれだけでも
今日からの文章に魅力が増しますので、
ぜひ試してみてくださいね!