ビジネス

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!
こんにちは!

サポートライターのじんです。

 

今回は、

ビジネスマンにおける必須ツールである

名刺

についてお伝えしたいことがります。

 

ビジネスマンであればほとんどの方が所持しているものであり、何度となく名刺の交換を交わされている方もいらっしゃることと思います。

 

しかし、社会人になって初めて名刺を持った方や、特に意識せずに使っている方もいるかもしれませんね。

 

実は名刺には、とても重要な役割があり、これがあるのとないのとでは、仕事によっては死活問題になると言っても過言ではありません。

 

それで今回は、

・本来の名刺の役割とは?

・それが仕事にどんな影響を与えるのか、仕事をとるには必須なのか?

・名刺の作成ではどの点に気をつけるべきか?

等についてお話していきたいと思います。

きっとお役に立つので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

名刺の本来の役割を3つ紹介

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!1

名刺の役割には、大きく分けて3つあります。

①ビジネスチャンス(きっかけづくり)を呼び込む

②本人の信頼度UP

③自己紹介・会社紹介(自分の顔と名前を覚えてもらい、会社・商品・サービスを知ってもらう)

まず①に関してですが、名刺を交換する事によって、後で連絡をもらえる可能性を生み出します。

特に、名刺交換の際のインパクトが大きければ大きいほど、思い出されることも多くなり、ビジネスの機会も増えていくでしょう。

新しいビジネスが成立する幅が広がるので、この意義は非常に大きいと言えます。

それに、直接あった時にお渡しする名刺は、チラシやFAXDMと違い、捨てづらくないですか?メールなら要件も見ないで放置とかチラシならすぐに萌えるゴミですが、名刺って他のビジネスツールに比べると、読んでもらえる上に捨てられないのが強みです。

②に関して。

ネットビジネスをされている方にとって、すでにSNSなどでプロフィール等を充実させていた場合には、名刺交換は不要では?と思う方もいるかもしれませんね。

しかし、出会うことがほぼないネットビジネスにおいても、名刺を交換できれば、先方から得られる信頼度の高さには天と地の差がでます。

と言うのも、ネットの世界は虚偽が多い世界であり、仕事に対する専門性や責任感を証明する為にも名刺は大変重要な役割を持つからです。

これはリアルの世界でも当てはまりますが、やはり名刺を渡すのと渡さないのでは、信頼性に大きく差が出てくると思います。

③に関しては、もう言うまでもないかもしれませんね。

自分をアピールできたり、会社の商品やサービスをアピールできたりするチャンスになります。

ここで、インパクトを持たせることができれば、後々にお声がかかりやすくなるかもしれません。

名刺が仕事にどんな影響を与えるのか、仕事をとるには必須なのか?

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!2

一言で言えば、仕事をとる為には必須ツールだと思います。

必須は言い過ぎかもしれませんが、
間違いなくあったほうが良いですし、
他のビジネスマンとの差別化というよりも、
どのビジネスマンでも持っているので、持っていない時点でマイナススタートです。

 

上記で申し上げた3点でも十分な理由になりますが、ちょっと口コミを調べるだけでも、名刺に力を入れることによって仕事をGETできたという話は多々あります。

 

単純に考えるだけでも、自分の顔や担当業務を先方に覚えてもらえれば、よほど悪印象でもない限りは、需要に応じて呼ばれるのは当然の流れです。

もちろん、ライバルも多いかもしれませんが、名刺のデザインやアピールの仕方によって大きなインパクトを与えられれば、ライバルに一歩先んじることができるでしょう。

 

以上のことから、「仕事を取るなら名刺は必須?」→YES!となります。

 

では、名刺はどのように作れば良いのでしょうか?

それが次の項になります。

名刺の作成ではどの点に気をつけるべきか?

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!3

「とにかく名刺の意図を明確にして情報を詰め込みすぎない」、これに尽きると思います。

これは、「自分の強みを分かりやすく伝えるには?」にも繋がってきます。

 

名刺交換には様々な目的があると思います。

単純な自己紹介からビジネスマナー。

商売目的、単なる連絡先交換…

 

名刺作成において全ての根幹となるものは、「名刺の意図を明確にする」ということです。

あの情報もいれたい、この情報もいれたい、となると、名刺に様々な情報が詰め込まれ、必要な情報が埋もれてしまいます。そうすると、結局何をしたいのか、という意図が不明確になってしまいます。

 

なので、まずは名刺の意図を明確化し、本当に必要な情報だけを入れることに絞りましょう。

たとえば営業で使う名刺であれば、顔を覚えてもらうために、自分の顔写真を張り付けるのもありです。

取引相手を見つけたいのであれば、自分の会社名や所属、専門分野や取得した資格を載せたり、得意分野を掲載したりするのもOKです。

単純な連絡先であれば、シンプルに名前や電話番号、住所だけを掲載するのも良いでしょう。

 

これらの事項については、受け取る人の身になって考えるのが一番の近道かもしれません。

受け取る人にどのように見られたいか。

受け取る人にどんな行動をさせたいか…等を考えると、載せたい情報もおのずと明確になってくると思います。

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!おわりに

名刺をビジネスで活かすには?3つのポイントと仕事への影響を解説!4

以上が名刺についてのお話になりましたが、いかがでしょうか。

名刺には本当に様々なデザインや内容が詰め込まれています。

そして、名刺の作成方法にも、個人で作るものや、専門業者さんに依頼するものがあります。

一度、両者のメリットやデメリットを比較したり、その違いを調べてみたりするのも良いかもしれませんね。

 

今回の内容が、読者さんのビジネスに役立てられれば何よりです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。