ライティング

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?
ブログを運営しているけど全然広告収入に繋がっていない…。

Webライターをしているけどもっと記事単価を上げたい。

そんな悩みをお持ちの方は、SEOライティングができていないかもしれません。

 

SEOライティングの方法は非常に多様で、全てを実践し成果を出すのは最初はなかなか難しいですが、SEOライティングとは何かを知って意識しているかどうかだけでも大きく変わります。

 

今回は、SEOライティングとはそもそも何なのか、基本やポイントなどをご紹介していきたいと思います。

きっとお役に立てるので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

SEOライティングとは?抑えておきたい3つのポイント

 

SEOライティングとは、SEOを意識したライティングをすることでGoogleに評価されるコンテンツにする、というSEO対策の1つです。

 

SEO対策とは自分のホームページやブログなどのWebサイトを、インターネットで検索したときに上位に表示させ露出を増やすための対策です。

これによりアクセス数が増えれば、広告収入などをアップさせることができたり、自分のサイトをたくさんの人に利用したりしてもらうことができるようになります。

 

SEOライティングとはつまり、自分の書いた記事が少しでも検索結果で上位に表示されるように対策をしたライティングということです。

 

SEOライティングにおいて重要なのは、

1ユーザーにとって読みやすいこと

2読者さんの欲しい情報もしっかり与えることができる質の高さを保つこと

3Googleに評価されることを両立した文章であること

の3つがポイントになります。

さらに踏み込んだ3つの内容を次章でお伝えします。

SEOライティングを意識した文章の書き方や気をつけたいポイントは?

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?1
SEOライティングでは具体的にどのようなことを意識すればよいのでしょうか。

 

そのポイントをご紹介していきたいと思います。

1.タイトルに“キーワード”を入れる

まずは、検索結果に表示されるタイトルからユーザーに興味を持ってもらい、読みたいと思わせることが大切です。

 

そのためにもタイトルにメインとなるキーワードを入れ込むことは必須なのですが、ただ入れるだけでは意味がありません。

 

まず第一に、タイトルは30文字くらいがよいとされています。

 

これは、パソコンで検索した際に、その検索結果として一覧に表示されるタイトルの文字数がだいたい30~33文字程度であるためです。

 

30文字よりも大きく越えた文字数のタイトルを付けても、後半は検索をしたユーザーにはほとんど届くことがないのです。

 

そのため、タイトルにキーワードを入れ込むときは検索結果の一覧にしっかり表示されるために30文字以内の位置で、できればタイトルの前半に入れるようにしましょう。

 

こうすることで、検索したユーザーがタイトルを見て自分が知りたい情報や興味のある内容が含まれた記事であることをしっかり判断することができるようになります。

2.中見出しや小見出しを使って文章の構成を分かりやすくする

SEOライティングでは、見出しの使い方も非常に重要になります。

キーワードを入れ込みつつしっかり見出しを構成することで、文章構造が分かりやすくなります。

 

実は見出しがしっかり構成されていない文章は、どこに何が書いてあるのかがわかりにくくとても読みづらいのです。

そうすると、せっかくタイトルで興味を持ってくれたユーザーもすぐに他の記事に移動し、離脱してしまいます。

 

一方、見出しが適切に付けられた分かりやすい記事であれば、ユーザーが知りたい情報を探しやすく離脱率を下げる効果があるのです。

3.複数のキーワードを入れ込まない

記事を作成する際は、1ページにつきキーワードは1つにするように意識しましょう。

他のキーワードを使ってはいけないというよりも、一つののキーワードを意識する記事構成を意識してみるだけでもSEO的に良い文章になります。

 

少しでも幅広い層に興味を持ってもらうために1つの記事にいろんなキーワードを入れるというのは意外にやってしまいがちなことなのですが、これはあまりおすすめできません。

 

なぜかと言うと、いろんなキーワードについて書くことによってテーマがぼやけ、結局メインとなる重要なキーワードは何なのかがわからなくなってしまうのです。

 

そのため、SEOキーワードをしっかり決め、ターゲットを明確にし、そこを意識したライティングをすることが大切なのです。

SEOライティングができると記事単価が上がる?

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?2

SEO対策ができた記事を書くことができる人は、基本的に記事単価が上がります

記事を発注する側は、執筆を依頼するライターにはSEO対策を意識したライティングをしてもらって少しでも閲覧数の多い記事を集めたいですよね。

 

そのために発注者側は、

・キーワードの提示

・タイトルはキーワードを入れて何文字程度

・本文中にはキーワードをどれだけ入れるか

・記事全体の文字数は何文字程度

と細かくライター側に指示をする必要があります。

 

しかし、もし依頼を受けてくれるライター自身がSEOライティングについての知識を持っている人であれば、発注者側は事前に細かく指示を受けたり、修正をしてもらう手間が減り、かつ質が高くてPV数を稼げる記事を執筆してもらうことができるのです。

 

SEOライティングが出来ているライターは、数字を持っているライターと判断されます。

 

たとえばテレビでも、人気の芸能人であれば視聴率が稼げてテレビ局側も利益になり、「あのタレントは数字を持っている」なんて言われたりしますよね。

 

SEOライティングが出来ていてPV数が稼げる記事は広告効果も高く、結果的に利益に繋がるのです。

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?まとめ

SEOライティングの3つポイントは?記事の価値と修得時の注意点は?3

SEOライティングを意識すると、最初はキーワードにとらわれて自然な文章が書けなかったり、また成果が出るのに時間がかかったりするのでなかなか習得するのは難しいかもしれません。

 

しかし、少しでもSEOライティングを意識することで記事単価が上がれば執筆に対するモチベーションも上がり、SEOについてより深く学んだり質の高い記事を書いたりするための意欲も上がり、いいこと尽くめです。

 

SEO対策は基本的に即効性がないので結果が出るまでに時間がかかります。

 

SEOライティングをはじめても最初は心が折れてしまうこともあるかもしれませんが、とにかくコツコツとコンテンツを作成し続けることが大切です。

 

コンテンツを作成し続けることは、結果を出すことだけでなくSEOライティングの習得や自分自身のスキルアップにも繋がりますので、まずは継続してコツコツと更新を続ける忍耐力が必要かもしれません。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました^^