飲食

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?
最近、巷で話題になっている高級ラーメン「すずらん」。
ラーメンというと安いというイメージがありますが、そんな既成概念を壊したのが渋谷区恵比寿にある「すずらん」というお店。

ネットでは炎上しまくっているので、今回はあえて良いところだけに絞って記事にしてみました。

正直、自分の足でお店に行った感想としては接客態度すごい悪かったですけどね。(汗)

このお店ではラーメンがどれも、2,000円以上するものばかりとまさに高級ラーメン屋になっているわけですが、なぜこのお店が話題になっているのか、お客さんの評価はどうなのかなど、様々な視点から良い面を強調してお話していきたいと思います。

恵比寿すずらんはどんなラーメン屋なのか?

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?1
2003年に渋谷にオープンし、2014年9月に恵比寿に移転しました。
ラーメンのほかに、必ず一品もしくはワンドリンク頼むというシステムになっており、メニューはどれも高級なものばかりです。

ちなみにお通しも強制的にドリンクにつく上に非常に高い料金だったりするので、食べログやGoogleマイビジネスではかなり荒れています。

普通のラーメン屋さんなら、ほとんどお店に入らなくてもメニューや料金が見れますが、恵比寿のすずらんさんは徹底的に値段を隠しています

ミステリアスな価格設定には正直入らない方が良いと直感する人も多く、その予感は的中しているので、素通りしても結果的にはOKかなと思います。

店主はラーメンにかなりこだわりがあり、味は一級品です。

ご褒美ラーメンで来られる方も多いようですが、AKBなどのプロデューサーで有名な秋元康さんがこのお店を絶賛したとの記事も読んだことがありますから、味は良いのですが…。

店内は落ち着いたBGMが流れていて、テーブルにはコショウだけが置いてあり、店主のラーメンの味への自信が伺えます。

俗に言う意識の高い系ラーメンでしょうか?

店主いわく、お店の中の写真を撮るのはNGで、料理の写真は一言、店主に聞くというハウスルールがあるそうです。

まぁ、店主やお客様が写真に写ると肖像権の問題もありますから納得ですが、なぜかメニュー表も写真に撮ってはいけないというのは値段の部分がネット上に上げられるのを本気で嫌がっていますね

お店のメニューには、高級料理店で見かける、伊勢海老を使ったラーメンや、蟹を使ったラーメンなど様々なメニューがあり、中には2万円の超高級フカヒレラーメンや、9000円超えのハマグリラーメンなどがあり、まさにご褒美にふさわしいといった感じです。

恵比寿すずらんの評価や評判は?

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?2
評価は、やはり分かれているようです。

ラーメンの「安い」という既成概念を壊して、あえて高級なラーメンを出すという戦術は、斬新だという意見の一方で、一度食べてもういいやと思われる方も多いようです。

今は他のお店でも斬新さも、手間暇も色々な部分で突き抜けているお店が多いので、値段を秘密にしたり、さり気なく何割もアップする姿勢は豪胆すぎるというかなんというか。

味に関しては美味しいという意見が多いようです。

僕も食べて見て思ったのは甘みがあり、琥珀色の美しさを放つすずらんのスープは相当レベルが高いと感じました。

それもそのハズで、すずらんでは具材やスープにかなりこだわりを持って作っていますので、味は他の大衆ラーメンとは比にならないようです。

そのため、特にスープが格別においしいという感想が多く挙がっています。

すずらんではスープだけのために鹿児島産黒豚を使っていますし、スープを濁らしたくないので、骨付き肉などは使わないようです。

かなりこだわって作っているだけあって、料理は絶品のようですね。

これで接客も普通のお店のレベルであれば…。

恵比寿すずらんのメニュー紹介

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?3
ここまで値段や店内の雰囲気などをざっくりお話してきましたが、最後に、メニュー紹介をしていきます。

チャーシューワンタンメン3500円

麺は細く、コシがありスープは琥珀色に澄んでいます。

チャーシューは柔らかく弾力もあり、ぎゅーと濃縮されたお肉のうま味が、口の中でブワーっと広がります。

ワンタンももちっとしていて、スープとの相性もばっちり。

見た目も上品で至極の一杯です。

ただ、僕が食べに行った頃はもう少しだけ値段が安かった気がします。

チャーシューメン3000円

透き通った上湯スープで、油は若干多めですが、動物系の強い出汁と鷹の爪がピリッと効いていて格別級。

麺は低加水の細ストレートで、風味がよく、ぼそっとした食感になっています。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、ネギが乗っており、チャーシューは、ザ・中華料理店のような味で、強めの味付けにしっかりとした歯ごたえがあります。

九十九里産大ハマグリの汁そば9000円

こぶしサイズの大ぶりなハマグリが麺の上に乗っていて、味はとても繊細で、スープにもハマグリのうま味が、染み込んでいます。

自然卵を使用するかき玉仕立てのスープは、はまぐりや野菜の味を包み込んでいます。

その他、口の中でほろりと溶けていく豚の角煮を別盛で提供する「角煮そば」や鹿児島県産の黒豚を使用した「黒豚シュウマイ」、青菜の美味しさを存分に楽しめる「青菜の炒め」、
フカヒレを惜しげもなく使った「フカヒレの姿煮ラーメン」など、様々なメニューを扱っています。

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?まとめ

恵比寿すずらんのメニューと値段は?炎上する価格と接客態度とは?4
超高級ラーメンという今までのラーメン界の安くて感じが良くて美味しいという既成概念を壊したこの「すずらん」というお店。

意見は様々ですが、ご褒美ラーメンとして来店するのには価値があるのかもしれません。

味さえ良ければ値段も接客態度も全く気にしない!

美味いラーメンが食べたいんだ!という方にはすごくおすすめのお店です。

ただ、若干甘みが強いかなぁという印象を受けたので、塩っけのあるキレを求める人には美味しさが伝わりづらいかもしれませんが、甘みある優しいスープが好みの人であれば間違いは無いはずです。

日ごろ、お仕事で疲れている方や何か頑張ったなって思ったときに足を運んでみるのもいいのではないでしょうか。

ただ、ご褒美を期待してお店に行っても接客の悪さや一般的なラーメン店の3倍~5倍は平気な価格設定のため心が弱っている時は行かない方が良いかもしれません。

ですが、美味しいです!